求人の効果的なタイミング

求人の効果的なタイミング

 先日、顧問先の院長先生より、求人が少ないといった事をお聞きしました。そこで今回は求人を出すタイミングについて記したいと思います。

 やみくもに求人広告を出しても、希望者が集まってこなければ、コストの無駄になりかねません。現在医療機関で勤務されていない潜在的職員も存在しますが、いつ働く意思が表出するのか判断つきにくく、結局のところは他の医療機関等で現在勤務されている職員が転職する機会に狙いを定めていく必要もあるかと思います。

 どの業態にも言えることですが、夏(6月~7月)や冬(12月~1月)の賞与時期や決算賞与(3月ごろ)が支給される時期の前後に転職活動をするケースが多く、その時期に求人広告を眺める職員が多いことを考えると、そういったタイミングを見計らって求人広告を掲載することで、応募確率が高まるかと思います。

 タイミングと効果的な求人方法を考えながら行うことによって、職員を確保できる確率も上がると思います。より効果的に職員を確保したいなど、ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Comments are closed.

ページトップ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。