仕事のやる気と日光の効果

仕事のやる気と日光の関係

 今朝のサンケイビジネスアイにて「仕事へのやる気を上げる日光の効果」という記事がありました。

 

 記事によると、自然光に当たったヒトは人工的な光のみのヒトよりも1日の終わりに注意力が高く、また日光に当たらないヒトはストレスの抑制を助けるホルモンの一種「コルチゾール」が減っており、日の光は気分や士気を改善させ、また疲労や目の疲れを解消しやすくすることがすでに研究で証明されているようです。

 

 そこで、日の出から日没までの朝7時から夕方4時半くらいまで勤務することによって気分と生産性の落ち込みを回避できるか実験した結果、日没までに帰ろうと考えることが1日の終わりに仕事を片付けるモチベーションとなり、実際に多くのことが出来たといいます。

 また、早起きした満足感や、暗い中でコンピュータと向かい合わずに済むため、気分は総じて明るくなったりしたなど、暗い中オフィスにいる時間を減らすことは1日の終わりの気分と仕事の生産性が改善されるようです。

 

 人材不足が深刻となる中、いかに職員のモチベーションを上げ、そしていかに生産性を上げるか課題となっている経営者の方々も多いかと思いますが、この記事を参考に「朝活」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Comments are closed.

ページトップ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。