マイナンバー:H28年1月1日以降の雇用保険業務取扱要領が公開

 厚生労働省HPにて、雇用保険法におけるマイナンバーの取り扱い内容を含めた業務取扱要領および様式のダウンロード先が掲載されました。

 

(関連URL) マイナンバー制度(雇用保険関係)  

 

 当初、雇用保険の届出に記載するマイナンバーは、雇用保険手続に関する法的な根拠を、番号法に基づく「努力義務」としていたものを、制度開始直前になって、雇用保険法に基づく「義務」へと整理しなおしました。 これに合わせた形で1月1日以降版として、雇用保険業務取扱要領および様式が公開され、マイナンバーに関する取り扱いも盛り込まれております。

 

 前回ブログでもお知らせしたとおり、雇用保険給付金の申請関係でも代理での申請等でも変更がありますので、実務担当者はぜひ事前に確認されると良いかと思います。

 

 なお、雇用保険手続きに関して個人番号を届けることは義務となりますが、なんらかの理由によりマイナンバーを取得できなかった場合には個人番号を空欄で提出することも認められておりますが、後日「個人番号登録・変更届出書」でマイナンバーを届け出ることになるため、注意が必要です。  

Comments are closed.

ページトップ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。