自身を振り返るときに読む記事(その1)

IMG053

自分自身を振り返るときに、読む記事をご紹介します。 日本の若者たちよ、慣れ親しんだ環境から世界へ出よう (日経ビジネスアソシエ 2013年1月号より)

コンピュータ研究者でアメリカ・マサチューセッツ工科大学メディアラボ教授、石井裕さんの記事です。

この記事の中で私が好きな言葉、

「自分にラベルを貼るのはやめよう。何をやるにしても、クリエイティブであろうとしたら、自分の専門や肩書にこだわってはいけない。」

「ルネサンス的人間でなければ、ある次元より高いところへは行けない。」

「本当にやりたいことがある人、やることがとても大切だと信じている人、そして、やれるだけのエネルギーがある人にとって、バランスが取れていない緊張感も非常に大事。」

バランスもとても大切ですし、他の誰かにこれを強要することはありませんが、 自分自身こうありたい、 がむしゃらに自分の好きな仕事に打ち込みたい。 そういう思いがある人にとっては、とても重みのある言葉だと感じます。

まだまだ、石井さんのような人物にはなれませんが、少しでも近づけるよう日々精進していきたいと思います。

Comments are closed.

ページトップ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。